「活版印刷」ってどんな印刷?

本や雑誌、新聞をはじめとしてポスターやパンフレット、商品のパッケージまで、印刷は現代の生活のあらゆる分野にとって欠かせない技術となっています。最近は印刷の分野においてもパソコン化が進み、原稿の作成から「刷版」と呼ばれる実際の印刷に使用する版まで、ほとんどの工程がデジタル化されてきています。ただ印刷の種類はそんなデジタル製版だけではありません。現在でも印刷の原点とも呼べる、「活版印刷」と言う技術が生き残っているのをご存知でしょうか?今回はそんな活版印刷についてご紹介してみます。

活版印刷の方法とは?

「活版印刷」とは、「活字」を組み合わせた版を使って文字を印刷する印刷技法のことをいいます。活字は文字が一文字ずつ刻まれた金属の四角い棒で、これを文章の通りに組版ステッキといわれる枠に並べ、行間にはインテルと呼ばれる木の板を隙間に詰めます。この活字を枠に埋め込む作業を「植字」といい、現在でも「写真植字(写植)」などの名前に残されています。膨大な数の活字があるので、あらかじめ文章に必要な活字を選んでおく「文選」と呼ばれる作業がありますが、宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」の中でも主人公のジョバンニがこの文選を行っているシーンがあります。

良さが見直されてきている活版印刷

枠に詰め込まれた活字は、ためし刷りをした後にそのまま印刷機に取り付けて印刷したり、紙型(しけい)といわれる鋳型で別版を作って印刷にかけます。このように大変面倒なさまざまな作業を経て印刷するため、現在では活版印刷はほとんど見られなくなってしまいました。しかし、その風合いや高級感、ぬくもりなどを好む人は今でも多く、名刺や招待状、年賀状などを活版印刷で制作したいという人も増えてきているようです。以上、簡単に活版印刷についてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?活版印刷を行う業者も最近では多くなってきているようですので、味わい深い活版印刷を一度試してみられてはいかがでしょうか。

封筒印刷とは、封筒の表裏に文字やデザインを印刷することです。印刷業者は印刷事業だけでなく、オプションとしてのりの形態や、撥水加工を施すところもあります。