自営業の魅力について

サラリーマンって辛いですよね。選べる仕事に自由がないことが多いですし、あんまり決まったことばかり続けていると、気が滅入ります。そこで独立という選択肢が出てくるわけですが、では「自営業の魅力」って、具体的にはどういうものでしょうか。色々な意見があるでしょうが、最も大きいのは「仕事の自由度」だと思います。仕事を選択し、自分の将来にとって有益じゃないと感じた仕事を除外できる、というのは、自分の「長期的な成長」を考えると大きいです。

自営業の始め方について

自由を求めて自営業者としてスタートを切ったものの、そんじょそこらに面白い仕事が転がっているわけではありません。というわけで、独立する場合、最初はなるべくコネを活用しましょう。もしも円満退社できているなら、元の職場の人もそんなに悪くは思っていないはずです。最初はちょっとした仕事で良いのです。少しずつ自信をつけていきましょう。そして少し余裕が出てきたら、会計ソフトを導入して、青色申告にチャレンジすることを検討しましょう。難しければ、控除額が低いタイプの青色申告で十分です。

法人化を検討するタイミング

さて、自営業も軌道に乗ってきて、一人で仕事を回すのが大変になってきた、とします。人も雇いたいし、扱う仕事の規模も大きくしたい。そうなったらすぐに法人化だ、となりそうですが、ちょっと待って下さい。法人化するということは、自営業者と違って、利益が出てようが出てなかろうが、必ず法人税を収める必要がある、ということです。なので、目安として、総売上が「1000万円」を超えるぐらいになるまでは、もう少し一人で頑張ったほうが良いと思います。

フランチャイズでは、充実したサポート体制が整っているため、店舗運営が初めてという場合でも安心して始められます。